アラジン グラファイトグリラー

このページでは、一般的なホットプレートやガスグリルで肉や魚を焼いた時と
グラファイトグリラーで焼いた時とで、どう違うのかいろいろと比較した試験を紹介します。

 

◆肉のやわらかさの比較試験

 

グラファイトグリラーは新素材の「遠赤グラファイト」を使い、上からの熱で
焼くので、フライパンの熱伝道とは違い、肉がふっくらとやわらかく焼きあがります

 

下の画像はグラファイトグリラーと一般的なホットプレートで豚ロース肉を焼き
噛み切るまでの回数や噛む力を比較した試験です。

 


 

この試験の結果では、グラファイトグリラーで焼いた肉は
噛み切るまでの回数も少なく、またとても少ない力で噛み切る
ことができます。

 

◆ニオイの比較試験

 

下の画像は、生のサンマを一般的なガスグリルとグラファイトグリラーで焼いて
発生するニオイをニオイセンサーで比較した結果です。

 

 

この試験では、ニオイがガスグリルの約3分の1のニオイでした。

 

 

◆カロリーの比較試験

 

下の画像は、日本食品センターが豚ロースを一般的なガスグリルと
グラファイトグリラーで片面3分、両面で6分で焼いて100gあたりのカロリーを
比較した試験です。

 

 

⇒楽天からの購入はこちらのサイトからどうそ。